オンネトー、北海道足寄町の湖の景色。とても美しい

オンネトー、北海道足寄の湖の景色

足寄町のオンネトー。

美しかったです。

湖なんですが、オンネトー湖とは言わないんですね。

img_2853-680x382

img_2846-680x382

言った日は残念ながら曇りだったので、また機会をつくって行きたいと思います。

img_2845-680x382

img_5085-680x382

img_5080-680x382

オンネトー概要

オンネトーは、北海道足寄郡足寄町東部・阿寒国立公園内にある湖である。名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味である。

阿寒国立公園内に位置する。雌阿寒岳の噴火により西麓の螺湾川の流れが止められてできた堰止湖で、湖水は酸性で魚類は棲めないが、エゾサンショウウオとザリガニが棲息する。湖面は刻々と色を変えることから五色沼の別名もある。波のない時は雌阿寒岳と阿寒富士を映し出す。阿寒湖から近い湖沼だが、流出河川の螺湾川は西方の十勝方面へと流れる。

オコタンペ湖、東雲湖とともに北海道三大秘湖の一つとされているが、湖畔には散策路が設けられ、国設野営場もあるなど、他の2つと比べると周辺の整備は進んでいる。オンネトー野営場と雌阿寒温泉は、雌阿寒岳の登山口となっている。北東に約2km進んだ雌阿寒温泉には、国民宿舎とユースホステル、民宿がある。

オンネトー 地図(参考)

阿寒湖とセットで行くのがおすすめですかね。

スポンサーリンク